teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 7月25日(火)08時06分8秒
  小池由枝さん(高崎市倉渕町岩氷)
24日死去83歳
●通夜  26日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 27日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 友紀さん  
 
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 7月17日(月)06時44分36秒
  原田アイさん(高崎市倉渕町川浦)
14日死去96歳
●告別式 18日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 次男 高根さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 7月16日(日)05時50分10秒
  原田武さん(高崎市倉渕町川浦)
13日死去68歳
●告別式 16日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 真秀さん    
 

民主支持でもないが…

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 7月 8日(土)10時31分40秒
  野田の責任は何処にあるや。
まず最大の罪は、首相在任中の2012年11月、国会での安倍自民党総裁との党首討論で、消費税増税を含む三党合意履行を条件に衆議院解散に打って出ることを明言し、その後の総選挙で、民主党の議席が、230から57議席になるという壊滅的敗北を喫したことにある。国民に期待されて政権交代を果たした後も、党内抗争に明け暮れ、菅首相の震災・原発事故対応での失態等も重なって、既に民主党は国民の支持を失っており、いずれにせよ総選挙での民主党の大敗は免れなかったと思う。それにしても、この時点での突然の解散は、ほとんど自軍に「自爆テロ」を仕掛けたに近いもので、それ以降、民主党は政党としての体をなさなくなった。

その責任の重さを考えたら、民主党内で、人前に出ることすらはばかられるはずだが、事もあろうに、2016年の選挙で蓮舫氏を代表に担ぎ上げ、「二重国籍問題」への懸念の声が上がっても跳ね返し、自ら蓮舫代表の下の幹事長のポストについたのである。これが二つ目の罪である。

野田氏の二つの罪が、民進党の野党としての機能を著しく低下させ、自民党への批判の受け皿を無くし、「安倍一強」体制に大きく貢献してきたことは間違いない。

都議選での惨敗を受けて、自民党側も、それまで頑なに拒んでいた「閉会中審査」にも応じる方向になってきている。加計学園問題について説明が困難であるからこそ、共謀罪の審議で「禁じ手」まで使って国会を閉会に持ち込んだのに、閉会中審査を行わざるを得ないのは、深刻な事態である。しかし、蓮舫・野田体制が続く限り、民進党がいくら追及しても、安倍政権に対する威力は限られたものでしかない。

安倍政権に対する批判がこれ程までに盛り上がった今回の都議選で、民進党自身が、批判の受け皿としての選択肢を提供できなかったことの責任を負って、蓮舫氏は代表を、野田氏は幹事長を、一刻も早く辞任すべきである。

とりわけ、野田氏は、民主党にとって「A級戦犯」でありながら、再び幹事長としてしゃしゃり出たことが、日本の民主主義にとっても深刻かつ重大な事態を招いてしまったのである。速やかに民進党の組織から離れ、政界を引退するのが本筋であろう。
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 7月 6日(木)21時50分34秒
  松井健司さん(高崎市倉渕町権田)
4日死去100歳
●通夜  6日18時~アウラ本郷会館
●告別式 7日13時~アウラ本郷会館
●喪主 長男 新太郎さん    
 

戦後史を読み解く

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 7月 6日(木)12時38分1秒
  『かわいそうに云々』はいつでも→『どうでもよいことでしょう、切り捨て去りましょう!』に突然変異してきた日本の戦後暗黒史教育。
従って、これを『身勝手我が儘同調圧力要請幼稚感情感傷主義教育』と呼び習わす所以である。
同調圧力期待する未熟な戦後日本の日教組教育の本幹はここにあり!
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 7月 1日(土)08時35分17秒
  原田広二さん(高崎市倉渕町川浦)
30日死去84歳
●告別式 2日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 妻 しづ子さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 6月29日(木)06時18分35秒
  関光男さん(高崎市倉渕町水沼)
28日死去89歳
●告別式 30日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男一平さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 6月22日(木)20時32分17秒
  関修さん(高崎市倉渕町川浦)
20日死去77歳
●通夜  22日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 23日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 通さん
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 6月14日(水)08時19分38秒
  中沢萬三さん(高崎市倉渕町権田)
12日死去94歳
●通夜  16日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 17日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 行吉さん
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 6月10日(土)06時15分47秒
  吉田フミエさん (高崎市倉渕町川浦)
8日死去92歳
●告別式 12日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 正一さん
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月30日(火)07時15分25秒
  塚越トクさん (高崎市倉渕町川浦)
29日死去101歳
●告別式 1日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 三男 則男さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月27日(土)06時10分15秒
  石井滋基さん <前権田郵便局長・元NPO源流理事長>(高崎市倉渕町権田)
25日死去73歳
●通夜  29日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 30日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 妻 由美子さん
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月25日(木)21時31分49秒
  中沢教光さん (高崎市倉渕町権田)
23日死去83歳
●告別式 27日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 正光さん
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月22日(月)06時16分24秒
編集済
  塚越 チカさん (高崎市倉渕町川浦)
21日死去84歳
●通夜  24日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 25日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 靖さん

 

小噺

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月20日(土)19時28分35秒
  #18歳と81歳との違い#…その一/
?
①道路を暴走するのが18歳 道路を逆走するのが81歳。

②心がもろいのが18歳 骨がもろいのが81歳。

③偏差値が気になるのが18歳 血圧や血糖値が気になるのが81歳。

④受験戦争を戦っているのが18歳 アメリカと戦ったのが81歳。

⑤恋に溺れるのが18歳 風呂で溺れるのが81歳。

⑥まだ何も知らないのが18歳 もう何も覚えてないのが81歳。

⑦東京オリンピックに行きたいと思うのが18歳 東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳。

⑧自分探しの旅に出るのが18歳 出たまま判らなくなって探し回られるのが81歳。

⑨嵐と聞いてジャニーズを思い出すのが18歳 嵐と聞いて嵐寛寿郎を思い出すのが81歳。

⑩早く「二十歳」になりたいと思うのが18才 出来る事なら「二十歳」に戻りたいと思うのが81才。

蛇足:①ドキドキが止まらないのが18歳、動悸が止まらないのが81歳。
        ②恋で胸を詰まらせるのが18歳、餅で喉を詰まらせるのが81歳。
        ③親に叱られるのが18歳、子供に怒られるのが81才。
?
…………………
以上「笑点」より引用編集済み。
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月19日(金)05時58分41秒
  丸山元次さん (高崎市倉渕町権田)
18日死去199歳
●告別式 22日11時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 隆夫さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月18日(木)21時19分43秒
  塚越 チカさん (高崎市倉渕町川浦)
17日死去100歳
●通夜  18日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 19日11時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 勝洋さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月14日(日)06時19分20秒
  戸塚トモさん (高崎市倉渕町三ノ倉)
12日死去95歳
●通夜  14日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 15日11時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 三女の夫 保さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 5月 9日(火)06時25分15秒
  戸塚剣三さん (高崎市倉渕町三ノ倉)
7日死去84歳
●通夜  10日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 11日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 繁樹さん
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 5月 5日(金)16時36分25秒
  群馬県高崎市は2018年4月、過疎化が進む倉渕地区の活性化に向け、小・中学生が農村で英語漬けの共同生活を送る、新たな山村留学施設をオープンする。子どもらは地元の小・中学校に通いながら、寮生活を通し「生きた英語」や農村の豊かな営みを学ぶ。世界で活躍する人材の育成と、中山間地域の活性化につなげていきたい考えだ。同市によると、英語教育に特化した山村留学施設は、全国で初めて。

 同市の中心街から車で約50分、山林に囲まれた同地区の旧川浦小学校は廃校になって6年がたつが、来年4月には再び子どもたちが戻ってくる見通しとなった。

 小・中学生が共同生活を送る「くらぶち英語村」に生まれ変わるからだ。生活の場は、グラウンドに新設する地元産木材を使った寮だ。校舎や体育館は学習の場として活用する。

 市が目指すのは、「国内英語留学」ができる山村留学施設。日本人の指導員と外国人が常駐し、集団生活や英語を指導する。放課後や休日なども原則、使う言語は英語だけで、自然に英語を習得できる。さらに日本の文化は、農作業や地域の伝統行事など農村生活で学ぶ仕組みだ。

 月謝は食費込みで9万円。食事は地元産の食材を使い、郷土食などを多く提供する。主に小学3年生から中学2年生を対象とし、定員は20人程度。今夏からホームページなどで児童・生徒を募集する。1年ごとの申し込みだが、継続もできる。

 通年コースの他、夏休みなどを利用した1、2週間の短期コースや、土日の週末コースも設ける予定。今後、住民向けの説明会を開いて農家らの協力者を募り、来年4月には地域全体で子どもを迎える。

 市は、17年度予算で施設整備費など3億7400万円を計上している。同市担当者は「英語に加え、倉渕地区の豊かな自然から日本文化を学ぶことができる新たな国際教育の仕組み。中山間地の活性化にもつながればうれしい」(企画調整課)と意気込む。

日本農業新聞
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 4月20日(木)06時10分35秒
編集済
  原田百一さん (高崎市倉渕町川浦)
11日死去88歳
●通夜  16日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 17日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 三津夫さん

美才治京一さん (高崎市倉渕町川浦)
18日死去81歳
●告別式 21日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 安昇さん
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 4月14日(金)06時07分45秒
  原田百一さん (高崎市倉渕町川浦)
11日死去88歳
●通夜  16日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 17日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 三津夫さん

戸塚次男 (高崎市倉渕町三ノ倉)
10日死去55歳

●告別式 15日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 父 東太郎さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 4月 4日(火)06時53分31秒
  小池八重子さん (高崎市倉渕町水沼)
1日死去89歳
●告別式 5日11時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 悦夫さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 3月25日(土)08時34分16秒
  上野マサヨさん (高崎市倉渕町三ノ倉)
24日死去84歳
●通夜  25日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 26日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 長男 和儀さん    
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 3月15日(水)08時31分15秒
編集済
  住谷稔 さん (高崎市倉渕町川浦)
13日死去69歳
●告別式 17日13時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 妻 佐登子さん  
 

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 3月13日(月)08時41分3秒
  佐藤タケノ さん (高崎市倉渕町権田)
10日死去100歳
●告別式 13日11時~はるなくらぶち聖苑
●喪主 孫 栄一さん
 

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 3月11日(土)13時39分57秒
  ② それを思うと、国がなすべきことは、あらゆる職業がプライドを持って働けるようにする環境づくりだ。 高校生から、農業法人に入った人のプライドと、大学を出て銀行に入った人のプライドを同等に保つ施策だ。キャリア採用、ノンキャリア採用といった、差がつくから大学全入というような風潮の元凶となっている仕組みは早々にやめたほうがよい。 大学とも呼べないような教育しかできない大学は、どんどん閉鎖してもらったほうがいい。 大学は学びたくなったときに厳しい試験を受けて入ればよい。社会人になってから大学に行こうとする人に国は大いに援助すればよい。そのためには、会社に通いながら学べる社会人大学や、通信制大学の充実が必要だ。大学進学のために、4年の休暇を与える企業への減税措置も行おう。 放送大学というのがあるが、ここは大学教員の職場確保のためにあるような大学で、学びたい学科が少なく、機能を果たしていない。 大学無償化は百害あって一利なし。役に立たない大学生を増やすだけだ。法科大学院と同じ轍を踏むだろう。数を増やせば、何かが好転するというお気楽なことにはならない。弁護士不足のところは司法書士が代替しているという現実を知らない人が作った案だった。 大学無償化案をぶち上げた下村大臣の著書の名前は『9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に(海竜社)』である。「末は博士か大臣か」を具現化した、素晴らしい人物である。 一方、大学無償化では『18歳まで親の金で育ったが、今度は国の金で大学生に』ということにになって、凡庸な覇気のない若者を量産することになろう。  

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 3月11日(土)13時37分46秒
  ① 「みんなが行くから、僕も私も大学へ行く」という悪しき風潮はなくさねばならない、と思う。 この風潮が日本を活力のない国にしているひとつの要因だ、と思う。 そんなことを思っている矢先、安倍政権の下村博文文部科学大臣が2030年までに公的教育予算を10兆円増やし、大学教育も無償化すると自書の中でぶち上げた。何を考えているのかと。 確かに、今の大学生は金に困っている人も多い。僕は多くの大学生に会うチャンスのある仕事をしているが、聞くと、多くが奨学金を受けている。奨学金というと僕らの時代は優秀な学生にそれこそ授与され返さなくてもよかった。返す奨学金でも低利であった。 とにかく奨学金を受けるのは優秀な学生である。僕は前年の成績が悪く奨学金を打ち切られたことがあるのでよく知っている。ところが、奨学金を受けている、今の学生が優秀かというと、はっきり言ってそうではない。よく奨学金がもらえたな、というレベルの学生も多い。つまり、現代の奨学金は、奨学金という名前はついているが誰にでも貸す借金、ローン、なのである。 いくらくらい奨学金を受けているか(借金があるか)というと、500万円、という学生も多い。大学に親の援助なしで行こうとすると、そのくらいの額の借金を背負うのは、納得できる。高校からずっと奨学金という学生は1000万円を超える借金を背負っていた。 こうした借金漬けの学生は、就職した途端一ヶ月5万円の返還といった義務を果たすために、厳しい暮らしの社会人になる。辞めたくても辞められない借金地獄になる。結果、3年で辞める社員も量産される。 ということは、大学を無償化すれば、そういった問題がなくなると考えがちだが、ちょっと立ち止まって、じっくり考えて欲しい。 問題は、みんなが大学くらい行かねばならないと考える悪しき風潮のほうである。モラトリアムとしての大学4年間はもちろん認めよう。だが問題はモラトリアムの期間を経ても何も能力のない人間が大学に行くことのほうだ。ただのレジャーランドとして大学に行く才能のない学生がいることだ。 かつて、高校生の就職は懇切丁寧であった。一人も就職できないものが出ないように、教師が就職先を割り振った。「国鉄の募集は2人だから、君はその枠には入れないよ、この工務店なら、大丈夫だから君はそこにしなさい」そこには恣意的な人の好き嫌いの感情が働くという弊害も確かにあったであろう。でも、とりあえず、全員就職した。  

おくやみ

 投稿者:町民16  投稿日:2017年 3月10日(金)05時43分11秒
編集済
  牧野美代子 さん (高崎市倉渕町権田)
7日死去91歳
●告別式 9日13時~セレモニーホール恵星
●喪主 長男 守市さん


野口トクヱ さん (高崎市倉渕町三ノ倉)
7日死去89歳
●通夜  10日18時~はるなくらぶち聖苑
●告別式 11日13時~セレモニーホール恵星
●喪主 孫 輝善さん
 

レンタル掲示板
/18